看護師 転職

ICUでは緊張の連続でした

私は、看護師としてICUで勤務したことがあります。そこでは、手術直後の状態の患者さんや、状態が急変して、重篤な状態になった患者さんなどが入院してきます。

 

そのため、ICUで働くためには、急変時の対応について、病棟よりもかなり勉強をすることが必要でした。また、医療機器が多いことから、そのの操作方法なども、しっかりと把握する必要がありました。

 

その時は、とても大変なところに来たと思ったのですが、そこで働くことに慣れてくると、良い面も見ることができました。それは、ひとりに患者さんに対して、じっくりと看護を行うことができると言うことです。

 

通常病棟で勤務する場合は、多くの患者さんを一人で受け持つことになります。その点、ICUでは一人の患者さんを看護することができ、その点について良かったと感じています。

 

また、ひとつの部屋で多くのスタッフと一緒に働いているので、緊急時は、すぐに応援を呼ぶことができ、その点についても良いチームワークを感じることが出来て良かったと思っています。